【夏までに知っておきたい】キリっとした苦味がうまい!アイスコーヒーの作り方

【夏までに知っておきたい】キリっとした苦味がうまい!アイスコーヒーの作り方

キリっとした苦味がうまい、アイスコーヒーの季節がもうすぐやってきます。

本格的なアイスコーヒーを家で淹れることができれば、夏の暑い日が待ち遠しくなります。


「家でアイスコーヒーを作ると、どうしても薄くなって美味しくできないんだよねー、、」
なんて声もよく聞きますが、キリっとした苦味をしっかり抽出するには『豆のグラム数』と『氷を入れるタイミング』がポイントになります。

水出しアイスコーヒーもいいけれど、一手間かけてドリップ急冷式のアイスコーヒーは香りと苦味が全然違います。

今回は急冷式のアイスコーヒーの作り方について詳しく解説していきますね!

アイスコーヒーの歴史

日本でアイスコーヒーの歴史は古く、明治期にコーヒーを冷やして飲み始めたのが発祥とされています。
当時は「冷やしコーヒー」と呼ばれていたそうです。

一番古い記録では、文筆家の石井研堂という人が『明治事物起源』で氷コーヒーというメニューがあることを記載しています。

引用 wikipedia 

ちなみに僕の出身地の大阪では、アイスコーヒーを「冷コー(レイコ―)」と呼ぶことがあります。(今も使ってるのか?)。これは冷やしコーヒーを省略したものだと言われていますね。

一方、世界のアイスコーヒーの発祥を見てみると、アメリカでは1920年頃に大手コーヒーメーカーが夏場のコーヒー需要を促すためにコーヒーを冷やして飲む方法を提案したそうなのですがあまり定着せず、
本格的に飲まれるようになったのはスターバックスがアイス系の商品展開をはじめた1990年代からだそうです。

そう考えると、アイスコーヒーは日本が先行していた文化なんですね~。

アイスコーヒーに適した豆は?

「アイスコーヒーに合う豆は何ですか?」と、よく質問をいただきますが、
ズバリ答えを言いますと、「どの豆でもアイスコーヒーにしてOK!」です。

苦味系の豆をアイスコーヒーにするとキリっとした苦味が爽やかなアイスコーヒーになるし、
酸味系の豆をアイスコーヒーにすると華やかさがさらに昇華したアイスコーヒーになります。

結局は「自分の好みに合った豆をアイスコーヒーにする」のが1番なんですが、1つだけ注意点があります。

それは『味覚の温度特性』です。
人間が感じる味の強弱は温度によって変わります。
甘味や苦味は冷たいと感じにくく、酸味は冷たいと感じやすくなります。
つまり、アイスコーヒーにするといつもより若干酸味よりなコーヒーに感じてしまうということです。

このことを少し意識しながらお好みの豆を選んでいただけると、美味しいアイスコーヒーを楽しめると思います!

ちなみに僕は深煎りの東ティモールを使って、キリっとしたコーヒーをゴクゴク飲むのが好きですね。

ヤマとカワ流アイスコーヒーの作り方

ヤマとカワ流アイスコーヒー淹れ方、今回はハリオV60ドリッパーを使って説明しますね。(もちろん、ハリオ以外のドリッパーでも同じように淹れることができます!)
まずは、こちらが準備するもの一覧です

写真左上から時計回りで、

■コーヒー豆
■ビーカー(抽出量が一目で分かるので便利)
■ハリオV60ドリッパー
■ケトル
■ペーパーフィルター
■デジタルスケール

それでは、抽出ステップを順番に解説していきます!

※注意点!

ここで解説している抽出ステップでは、スケールで細かくグラム数を計測したり、タイマーを用いて時間を管理しています。
ですが、本来、家で飲むコーヒーはここまで毎日きっちり管理する必要はないと考えています。
「だいたいドリッパーのこの線までお湯を淹れる」とか、「コーヒーメジャーで1杯くらい」とか、そんな管理方法で良いかと思います。
細かい数字で記載しているのは、『伝わりやすくするため』、『まずは1つの基準レシピとして理解してもらうため』であり、必ずそうすべき!と強制するものではありません。

①コーヒーの粉をセットする

コーヒー豆を1杯分だと15グラム2杯分だと25グラム3杯分だと35グラム中挽きにしてドリッパーにセットします。
今回は2杯分(350cc)を抽出してみます。

この時ドリッパーをトントンと軽く叩いて、粉を平らな状態にしておくと、蒸らしのお湯が注ぎやすくなります。

挽き具合についてはこちらの記事を参考に↓

こちらも参考に
参考記事:【コーヒーの基礎知識】コーヒー豆の『挽き具合』どれくらいがいいの?

②お湯を注いで蒸らす


全体的にまんべんなくお湯が行き届くように注いで約30秒蒸らします。
この時のお湯の温度は90℃くらいがオススメです。

蒸らしについてはこちらの記事も参考に↓

こちらも参考に
参考記事:【コーヒードリップの基礎知識】蒸らしの効果とは


③抽出する


中心から円を描くように注ぎます

泡が膨らんだら、一旦注ぐのを止めて

粉の中心が凹みはじめたら、また注ぎます

これを繰り返します。

④コーヒーの抽出完了


ホットコーヒーではこのまま適量(350CC)まで抽出しますが、アイスコーヒーの場合は200CCで抽出を完了します。

ここがヤマカワ流のポイント!!
25gのコーヒー豆を使って200CC抽出するととても濃いコーヒーが出来ます。これに氷を入れて急冷させるとキリっとした苦味をもったアイスコーヒーができあがります。
ホットコーヒーであれば25gのコーヒー豆から350CCくらい抽出できますが、アイスコーヒーも同じように350CC抽出した後に氷を入れて急冷させると、とても薄いコーヒーになってしまいます。
抽出し続けてホットコーヒーにしても、氷で急冷させてアイスコーヒーにしても、25gの豆からは350CCのコーヒーができあがると覚えておきましょう!

⑤氷で急冷させる

アイスコーヒーが350cc完成しました!

 

まとめ

ご自宅でも、喫茶店で飲むようなキリっとしたアイスコーヒーを淹れるためには、『豆のグラム数』『氷を入れるタイミング』がポイントです。

水出しアイスコーヒーもいいけれど、一手間かけてドリップ急冷式のアイスコーヒーをぜひお試しください!

アイスコーヒーを作るならこのコーヒー豆がオススメ

東ティモール深煎り