【コーヒーの基礎知識】コーヒー豆の『挽き具合』どれくらいがいいの?

【コーヒーの基礎知識】コーヒー豆の『挽き具合』どれくらいがいいの?

自宅でコーヒーを楽しむときに、豆のままで買ってきて、淹れる直前にミルでゴリゴリ挽くと、なんか一気にコーヒー通っぽくなりますよねー!

でも、粉に挽く時の粗さってどれくらいがいいの?
と、挽き具合に迷うことありませんか?

店舗で接客している時も、この『挽き具合どれくらい問題』についてよくご質問をいただきます。

実は、挽き具合でコーヒーの味も風味もガラリと変わります。
ドリップする時にとても大事な要素なので、今日は挽き具合について解説しますね!

結論から言うと、挽き具合にはそもそも『細挽きはこの大きさ』というようなハッキリとした基準が定義されていません!
なので、挽き具合の違いが味にどう影響するかを理解し、自分の好みによって調整するのが最適解です。

調整する時は、以下の方程式↓

◎細挽き = 味が濃く苦くなる。雑味が出る。
◎粗挽き = 濃度がスッキリする。雑味が出ない。

これを覚えて、自分がしっくりくる挽き具合を見つけましょう。

それでは、基本的な挽き具合の知識と、コーヒーの味との関係性を、詳しく解説していきますね!

挽き具合の基準について

コーヒー豆の挽き具合には、その挽き目(粒度)によって”一応”呼び名が決められています。

でも、実はこの粒度の大きさって明確な決まりはないんですよね。
色んなところで、色んな人が、バラバラなことを言っています。

例えば、コーヒー器具の大手メーカー『HARIO』では、挽き目の大きさを㎜単位で表示していますが、かなり幅を持たせた表示にしています。

挽き具合 細挽き 中細挽き 中挽き 粗挽き
大きさ(㎜) 0.5~0.8 0.5~1.0 1.0~1.5 1.0~2.0

引用:HARIO『コーヒーミルの粗さ調整の目安』より

また、レギュラーコーヒーの大手会社 『UCC上島珈琲』では、砂糖の大きさを基準としていますが、「グラニュー糖と上白糖の間くらい」とか、けっこうざっくりした表現で表しています。

↓参考記事はこちら

コーヒー豆の挽き方|5種類の挽き目と正しい挽き方を解説

でも、それもそのはず。
「粉」の大きさを定量的に表現するのは難しいですもんね。
挽いたコーヒーの粉は、様々な大きさの粉が混ざっているので、単純に「○mm以下」の粉を「○挽き」、と表現することはできないのです。

明確な決まりが無いということは、誰かの細挽きと、私の細挽きは全然違う可能性もあるということです。
なので、『細挽き』や『中挽き』といった名称にこだわりすぎないのがポイントです。

とはいえ、一応、一般的な挽き具合の基準をお伝えしておきますね。

①細挽き

上白糖とグラニュー糖の間くらいの大きさ。0.5㎜~1.0㎜くらい。

成分が出やすいので、水出しコーヒーなどじっくり抽出する器具に適している。

②中挽き

グラニュー糖くらいの大きさ。1.0㎜~1.5㎜くらい。

成分の出かたがバランスよく、一番ポピュラーな挽き目。ペーパードリップに適している。
ヤマとカワでも「粉に挽いて」と頼まれたら、まずはこの大きさでお渡ししています。

ペーパードリップの淹れ方についてはこちらの記事をご覧ください↓

こちらも参考に
参考記事【1杯分を上手に淹れるならコレ!】カリタ三つ穴ドリッパーの抽出方法

③粗挽き

グラニュー糖とザラメの間くらいの大きさ。1.5㎜~2.0㎜くらい。

ネルドリップやフレンチプレスに適している。

フレンチプレスの淹れ方についてはこちらの記事をご覧ください↓

こちらも参考に
参考記事:【はじめてでも失敗しない】フレンチプレスで美味しいコーヒーを淹れよう

挽き具合と味との関係性

挽き具合と味との関係性には、以下の方程式が成り立ちます。

◎細挽き = 味が濃く苦くなる。雑味が出る。
◎粗挽き = 濃度がスッキリする。雑味が出ない。

粒の大きさが細かくなるほど、味がたくさん抽出されます。
これは、コーヒー豆1粒をそのままお湯に浸けたのと、豆を2つに割ってから浸けたのでは、後者の方が成分が出やすいのでイメージできるかと思います。

また、ドリップする時は、粒の大きさが細かいほど濾過スピードが遅くなるため(注いだお湯がなかなか落ちないため)、粉とお湯の接する時間も長くなり、味がたくさん抽出されます。

ヤマとカワのオススメの挽き方は

ヤマとカワで「粉に挽いて」と頼まれたら、まずは『中挽き』のサイズで挽いてお渡しています。
基本的にペーパーフィルターでもネルドリップでもフレンチプレスでも、お客さんがどんな抽出方法で淹れるとしても、まずは『中挽き』でお渡しします。

これは、お客さんにまず1つの基準を作っていただくため。

この中挽きを基準として一度コーヒーを味わっていただき、

◎細挽き = 味が濃く苦くなる。雑味が出る。
◎粗挽き = 濃度がスッキリする。雑味が出ない。

この方程式にしたがって、ご自分の好みの味になるよう、段々と挽き具合を調整していってもらいます。

オススメの挽き具合は?と聞かれたら「中挽きですね」とお答えしますが、
「それが絶対正解なわけじゃなく、アナタの好みになるように調節していくからねー」という補足とアフターフォローも忘れません

まとめ

コーヒーの挽き具合の大きさには明確な基準はありません。

明確な決まりが無いということは、誰かの細挽きと、私の細挽きは全然違う可能性もあるということです。
なので、『細挽き』や『中挽き』といった名称にこだわりすぎず、ご自分の好みの挽き具合に調整するのがポイントです

調整する時は、

◎細挽き = 味が濃く苦くなる。雑味が出る。
◎粗挽き = 濃度がスッキリする。雑味が出ない。

この方程式にしたがって、
「今日はいつもより濃い味で飲みたいな」という時はいつもより細挽きに、
「今日はスッキリした味でゴクゴク飲みたいな」という時はいつもより粗挽きに。

そんな風に気分や好みによって変化させると、コーヒータイムが自由に愉しくなりますよ!