アイスコーヒーのつくりかた

アイスコーヒーのつくりかた

暑い日が増え、日中はホットコーヒーよりもアイスコーヒーが飲みたい季節になりました。
家でも手軽にアイスコーヒーを飲む方法として、
・ドリップしたコーヒーを急冷させる
・リキットコーヒーを冷やす
・水出しコーヒー
の主に3つを提案しています。
暑い日の午後、気持ちを切り替えたいときに飲みたくなるアイスコーヒー。

今回は、ドリップしたコーヒーを急冷させてキリッとした苦味のあるアイスコーヒーのつくりかたをご紹介します。

 

アイスコーヒー(2人分)

【用意するもの】
・深煎りのコーヒー豆/ 25 g
・氷/ 100 g(プラス③の氷の量はお好みで)
【つくりかた】

①コーヒーをゆっくり200ccまで抽出する。

②抽出したコーヒーに氷100g入れて急冷させる。(この氷は完全に溶けるまで混ぜる)
③新たに氷を入れたグラスに注ぐ。
 
【つくるときのポイント】
1. 「深煎り」のコーヒー豆を使うこと。
人の舌は温度が低いものほど酸味を感じやすくなります。コーヒーの酸味が苦手な方は、深煎りのコーヒー豆を使うことをおすすめします。
2. コーヒーをより濃くするために「ゆっくり」お湯をかけて豆の成分を抽出すること。
3. 淹れたコーヒーを「急冷」させること。
急冷させると”キリッと”したアイスコーヒーになります。
ドリップしたコーヒーを急冷させる方法は後味が長く続くアイスコーヒーをつくることができるので、時間に余裕があるときはこの方法がおすすめです!
 
\ アイスコーヒーをつくるときにおすすめの豆をご紹介します /

東ティモール オーガニック 200グラム

高地で栽培されている豆なので、しっかり深煎りしても味は失われず、
雑味のないコクがより濃厚になりました。
1度飲んだらクセになる、
店舗でもリピート率の高い商品です。
詳細・購入はこちらから!

ECブレンド 200グラム

深煎りにしたコロンビアをベースに作ったブレンドです。
コロンビアらしい濃厚なコクは残したまま、香りの強いエチオピアを適量混ぜました。 牛乳と混ぜてカフェオレにしたり、夏場はアイスコーヒーにするのにもピッタリなブレンドです。
酸味が苦手な方におすすめの珈琲です。
詳細・ご購入はこちらから!