コーヒーゼリーのつくりかた

コーヒーゼリーのつくりかた

4月の寒さはなんだったのか、と思うくらいいきなり暑くなりだした今日このごろ。
そんな暑い日のおやつにコーヒーゼリーをつくってみませんか?
今回はコーヒーを淹れてつくるコーヒーゼリーと、カフェオレベースを使ったカフェオレゼリー、2種類のつくりかたをご紹介します。
<コーヒーゼリーのつくりかた>
【材料(3人分)】
・コーヒー豆(東ティモールがおすすめ)/25 g
・てんさい糖/20 g
・ゼラチン/メーカーの記載に従う
① コーヒー豆を濃いめに350㏄抽出します。
② そこにてんさい糖とゼラチンをコーヒーが温かいうちに溶かします。
③ 2、3時間冷蔵庫で冷やしてアイスを乗せます。

ポイントは濃いめのコーヒーを使うこと。
ゼラチンでゼリーをつくると、味が薄まるので深煎りのコーヒーを使うとコーヒーの味がしっかり出ます。
コーヒーの状態で20gの砂糖を入れるととっても甘くなりますが、ゼリーになったときにはちょうどいい苦味になるから不思議です。
<カフェオレゼリーのつくりかた>
【材料(3人分)】
カフェオレベース/100 cc
牛乳/200 cc
てんさい糖/20 g
① カフェオレベース100ccに対して、牛乳200ccの割合で濃いめのカフェオレをつくります。
② ①をレンジで温め、てんさい糖とゼラチンを溶かします。
③冷蔵庫で冷やし固める。
こちらも同じように濃いめにカフェオレを作るのがポイントです。
食べる前に上からカフェオレベースを注ぐと、プリンのカラメルみたいに苦味がプラスされてグッドです。

コーヒーゼリーをつくるならこちら!/

東ティモール オーガニック 200グラム

高地で栽培されている豆なので、しっかり深煎りしても味は失われず、
雑味のないコクがより濃厚になりました。
1度飲んだらクセになる、店舗でもリピート率の高い商品です。
購入はこちらから!

カフェオレゼリーをつくるならこちら!/

カフェオレベース 600ml

エチオピアの深煎り豆をたっぷり使った濃縮タイプのカフェオレベースです。
こちらの商品を1に対して、牛乳または豆乳を5の割合で薄めて飲んでください。
これ1本で約20杯分のカフェオレが作れます。
ご購入はこちらから!

\ お得な3本セットもあります /

【送料込み価格!】カフェオレベース3本セット

『今だけの送料込み価格!お得なまとめ買い品です』
カフェオレベースの容器はビンです。
それ故に、これまでは『発送する』という販売方法に力を入れておらず、
店頭での販売か、出店時によく売れていたカフェオレベース。
が、しかし、2020年4月12日より新コロ拡大防止のため店舗を休業しているので(もちろん出店イベントもゼロ)、
けっこう在庫があるんです。
在庫があると言っても古いモノじゃないですよ。
賞味期限は2020年9月25日まで、まだまだ楽しめます。
ご購入はこちらから!