コーヒー豆の保存のコツ

コーヒー豆の保存のコツ

お客さんに聞かれることの多い、コーヒー豆の保存の仕方。
プレゼントにたくさんもらったけど、一度に飲みきれない。
そんなときに役立つ保存方法があります。

こんにちは。今日はコーヒー豆の保存の仕方を教えてもらえますか?

はい。もちろんです。

実は普段自分でもコーヒー豆を買っているのですが、最近プレゼントにコーヒー豆をいただいて。すぐに飲みきれない量なので心配なんです。

なるほど。コーヒー豆は基本常温で保存できます。
1ヶ月で飲みきれる量なら、自分のお気に入りの容器に入れるといいと思います。
缶、ビン、ジッパーなどどれでもOKです。
光が当たらず風通しのよい場所ならどこに置いてもいいですよ。

そうなんですね。気密性が高いもののほうがいいと思っていました。

毎日飲むなら、毎日蓋をあけるので気密性はあまり関係ないです。
すぐに飲まない豆の場合は気密性の高いゴムパッキン付きのビンがおすすめです。


あとは、冷凍保存する方法もありますよ。

え!冷凍もできるんですか!

はい。冷凍保存している最中はコーヒー豆が劣化しないので、1ヶ月以上の長期間保存したいときにおすすめです。
ただ、一度取り出すとすぐ解凍してしまうので、再冷凍はせず、冷凍庫から出したら常温で保存したほうが良いです。

なるほど!冷蔵もできますか?

冷蔵は他の食べもののにおいがうつる心配があるので、あまりおすすめしません。


そうなんですね。
今日もありがとうございました!さっそく家に帰って実践してみます。

今度、お店のオリジナル缶をつくる予定なので楽しみにしていてくださいね。
 
\ 今週のおすすめ!/

シーズンブレンド “spring” 200グラム

3,4,5月は春のブレンド。
長い冬が終わり、気持ちも明るくなる長野の春。
そんな外向きな気持ちを表現したとても飲みやすいブレンドです。
購入はこちらから。