【簡単で便利】ドリップバックコーヒーをもっと美味しく淹れるコツ

淹れたてのコーヒーを最も簡単に楽しめる商品といえば『ドリップバック』ですよね。

今回はそのドリップバックを美味しく淹れるコツを解説します!

 

 

 

ドリップバックとは

 

ドリップバックとは、通液性のある紙に1杯分のコーヒー粉が個包装されたもので、それをカップに固定することでドリッパーがなくてもコーヒーを淹れることができる商品です。

1杯分の豆(10g)が入っている

 

カップに引っ掛けてお湯を注ぐだけ

 

 

 

メリット

 

ドリップバックのメリットは3つ

■持ち運びが便利

■片付けが楽

■簡単便利だけど、中身は高品質

 

順番に解説していきますね。

 

 

持ち運びが便利

 

1袋のサイズはとてもコンパクトなので、自宅で楽しむだけでなく持ち運びも便利です。

 

特にアウトドアシーンやオフィスなど、ドリップの器具をたくさん持っていけない場所で大活躍します。

 

 

片付けが楽

 

色んな道具が不必要なので、コーヒーを淹れ終わったららバックをゴミ箱に捨てるだけ。

洗い物も無くて、片付けが楽ちんです。

 

 

簡単便利だけど、中身は高品質

 

淹れるのは簡単で便利と言っていますが、中に入っているコーヒーはヤマとカワで焙煎した高品質の珈琲豆です。

 

インスタントコーヒーのような手軽さがありながら、ドリップコーヒーの味と香りを両立してる商品です

 

 

 

美味しく淹れる手順

 

①ドリップバックをセットする

 

ドリップバックを袋から取り出して

上部をミシン目に沿ってゆっくり切り取ります

左右のフックを広げる

カップにしっかりセットする

ドリップバックにはコーヒー豆が10グラム入っています。

 

この時ドリッパーをトントンと軽く叩いて、粉を平らな状態にしておくと、蒸らしのお湯が注ぎやすくなります。

 

 

②お湯を注いで蒸らす

 

全体的にまんべんなくお湯が行き届くように注いで約30秒蒸らします。

 

ここがポイント!

ドリップバックのコーヒーを美味しく淹れるコツは1つ。

最初の蒸らしを集中することです。

 

ドリップバックはカップに引っ掛けた時、その形状が(上から見ると)円ではなく楕円のようないびつな形状になります。

注ぐ的がいびつな形状なので、蒸らしのお湯を適量で粉全体を濡らせるように集中しましょう。

 

 

 

③抽出する

 

中心から円を描くように注ぎます

 

泡が膨らんだら、一旦注ぐのを止めて

 

粉の中心が凹みはじめたら、また注ぎます

 

これを繰り返します。

 

 

④抽出完了

 

 

適量まで抽出がすすんだら、泡が全て落ちきる前に抽出を終了させましょう。

 

ドリップバックにはコーヒー豆が10g入っていますので、だいたいカップ1杯(120~150㏄)が適量です。

 

 

 

まとめ

 

ドリップバックを簡単に美味しく淹れられるようになると、

外あそびの時やオフィスで大活躍します。

また「今日は豆から挽くのちょっとめんどくさいなぁ」という時にも便利です。

 

インスタントコーヒーのような手軽さと、ドリップコーヒーの味と香りを両立しているドリップバックをぜひお試しください!

 

 

ドリップバックを買うならお買い得な10個セットがオススメ

【お買い得!】ドリップバック 10個セット