珈琲豆の保存方法はどれが良いか検証してみました(実験準備)

毎月行っている抽出ワークショップや、店頭に来てくださる方からの質問で最も多いのが『珈琲豆の保存方法について』だ。
焙煎したての新鮮さをできるだけ長く保ちたいと考える人は多いし、僕らとしても長く保つ方法をお伝えすることは美味しい珈琲を長く楽しんでもらえることに繋がるので望ましい。

 

『珈琲豆の保存』といっても、
常温、冷蔵庫、冷凍庫といった保存する環境による違いもあれば、
パッキン付きの瓶、ジップロック、ステンレス缶といった容器による違いもある。
今回の実験では、保存する環境による違いを検証してみたいと思う(容器についてはまた今度)。

 

今現在の僕の回答としては、焙煎してから2週間以内であればどんな保存方法でもそこまで違いがでないと考えている。なのでまずは少量ずつ購入して自分の2週間に飲む分量を把握してもらうようお願いしている。
本当はその2週間に飲む量以上の珈琲豆は購入しないでもらいたいのだが、たまたま購入後に旅行に行く予定があったり、好きな珈琲屋さんが遠方でなかなか足を運べないなど、一度に沢山の量を購入せざるを得ない状況もあるのは理解できる。

そんな時は2週間に飲む量ごとに小分けにして冷凍保存することをオススメしている。
冷凍保存は冷凍庫に入っている状態の時は劣化が進まない優れた保存方法なのだが、冷凍⇔解凍を繰り返してしまうとその温度差によって珈琲豆にかなりの負担がかかることになる。
珈琲豆は焙煎によって水分がほとんど無い状態になっているので、冷凍庫に入っていても“冷やされている”だけで“凍っている”わけでは無い(水分が氷になるので)。言い換えれば、珈琲豆は冷凍庫から出された瞬間に解凍状態になってしまうということだ。つまり、購入してきた沢山の珈琲豆を沢山袋に入ったまま冷凍保存して1杯飲む分だけ袋から出して残りを蓋をしてまた冷凍庫に、、ということを繰り返すことは、知らず知らずのうちに冷凍⇔解凍を繰り返してしまっていることになる。
なので、冷凍保存を上手に使うには、2週間に飲む量ごとに小分けで冷凍して、1度その小分けを解凍した後は常温にて保存しながら出来るだけ早く飲み切る。そして最初の小分け分を飲み切ったら、次の小分けを解凍してその後常温保存しながら早く飲み切る。という風にすれば冷凍⇔解凍のストレスもなく冷凍保存と上手に付き合うことができる。

 

2週間以内で飲みきれるのであれば『常温保存』、それ以上飲むのに時間がかかりそうな場合は小分けにして『冷凍保存』。これが僕の今現在の回答なのだけれども、これは今まで読んできた本に書いてあったことや珈琲の先輩に教えてもらったこと、自分の経験などを総合して出した答えで、実際自分で実験して比べたことがなかった。
今回の実験検証は、改めてキチンと調査してみたくなったこともあり実施しています。ということで、今後の『保存方法』についての回答が変わるかもしれない?実験のはじまりはじまり。

 

実験の条件

◎左から順に、
①常温保存
②冷蔵保存
③冷凍保存
④小分けにして冷凍保存

◎①~③については2日に1回袋の封を開けて中の珈琲豆を軽く攪拌する。(2日に1回珈琲を飲むということを想定)

この4パターンで比べてみたいと思います。
保存に使っている容器はセイニチというメーカーのアルミジップ袋です。丈夫な素材のためジップの封を開け閉め繰り返しても問題ありません。

 

上記の条件で、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後の珈琲豆の状態と抽出後の味を比べてみたいと思います。

 

どうぞお楽しみに!