【GWにオススメ】キャンプで!登山で!アウトドアでコーヒーを楽しむ方法

ヤマとカワは、コーヒーを美味しく淹れる方法だけでなく、どんなシチュエーションで楽しむのか?も、とても大切にしています。

 

シチュエーション別でコーヒータイムを考えたときに、やっぱり1番格別なのは【外でコーヒーを淹れた時】ですよね。

↑この写真は、温泉に入って身体ポカポカのまま、雪景色に沈んでいく夕日を見ながらコーヒーを飲んだ時の写真です。

もうこんなシチュエーションだったら、どんな淹れ方をしても最高の味になりますよね。

 

 

外でコーヒーを飲むのは格別です!

みなさんも今度の連休、天気が良ければ外に出てコーヒーを淹れてみませんか?

 

高原で、キャンプ場で、山で、はたまた自宅のベランダでも!

いつもと違う場所で淹れるだけで、味の感じ方が全然違ってきます。

 

今回は、外でコーヒーを淹れるときの具体的な方法を2つお伝えします。

 

 

 

まずは簡単に淹れる方法

 

いきなり「外でコーヒーを淹れましょう!!」と言っても、なかなかハードルが高いですよね。

 

『そもそも、お湯を沸かす道具とか、アウトドア用のミルとか、買わなきゃいけないんじゃ、、』

と、思いますよね。

 

でも、そんなことないんですよ!

 

お湯を沸かす道具がなくても、お湯を入れた水筒を持っていけば良いですし

ミルがなくても、豆を挽いたものを持っていけば問題ありません。

 

まず手軽に始められるのは、ドリップパック・お湯をいれた水筒・コップの3点セットです。

 

 

これなら気軽に外コーヒーを始められそうですよね!

 

ドリップバックは、

■1杯ずつの個包装なので持ち運びが便利

■淹れ終わった後の片付けが楽

■だけど中身は高品質

 

このように、インスタントコーヒーのような手軽さがありながら、ドリップコーヒーの味と香りを両立している商品です。

 

こちらの記事も参考に

 

 

ドリップバックもちょっと難しいかも、、、。という方は、

出かける前に自宅でコーヒーを淹れたものを水筒に入れて持っていくという手もあるので、気張らず、まずはできる範囲で外コーヒーを楽しんでください。

 

 

 

ドリップする方法

 

キャンプやピクニックなど、せっかく外でゆっくり時間を過ごすのであれば、いつもより一手間かけてドリップコーヒーに挑戦してみましょう

豆を挽く時間や淹れる時間など、その手間自体も格別に感じます

 

外でドリップコーヒーを淹れるとき、どんな道具が必要でしょうか。

僕が外コーヒーを楽しむ時に持っていく道具をご紹介しますね。

1コーヒーメジャー

2豆の入った缶

3ペーパーフィルター

4ミル

5水

6ポット

7折りたたみ式ドリッパー

8コップ

9お湯を沸かす鍋

 

これに、バーナーを加えたらお湯を沸かしてドリップコーヒーを楽しむことができます。

 

 

基本的なドリップ方法は、家でドリップする方法と同じです。

こちらの記事を参考に

 

 

 

これらの道具をかごにひとまとめにして車に積んでおくと便利ですよ。

 

 

さぁ、みなさんもぜひ外コーヒーを楽しみましょう!