「水出しコーヒー」のつくりかた

家でも手軽にアイスコーヒーを飲む方法として、

・ドリップしたコーヒーを急冷させる
・リキットコーヒーを冷やす
・水出しコーヒー

の主に3つを提案しています。

今回は、甘みと香ばしさが特徴的な水出しコーヒーの作り方についてご紹介します。

◉登場人物のご紹介

 
川下 長野県長野市に店舗がある、ヤマとカワ珈琲店の店主。2人の子をもつお父さん。

 
Oさん 近所に住む常連さん。コーヒー初心者だったが、ヤマとカワ店主の川下さんにコーヒーについて質問しているうちにだんだんとコーヒーについてくわしくなってきた。


長野市でも30度を超える暑い日が続くようになりましたね。
日中にゴクゴク飲めるようなコーヒーってありますか?


それならぜひ水出しコーヒーを試してみてください。


ドリップしてつくるアイスコーヒーとはどうちがうのですか?


お湯で抽出すると、キリッとした苦味がでるのですが、水で抽出すると強い苦味や余分な雑味が出にくいので、まろやかな甘味が引き立つアイスコーヒーがつくれるのでゴクゴク飲めますよ。

苦味や雑味が出ない分劣化もしにくいので、冷蔵庫で3日ほどおいしい状態で保存ができるのも特徴です。

アイスカフェオレにするには物足りないので、そのまま飲むことをおすすめしています。


さっそくつくりかたを教えてください!

①水1リットルに1袋浸けます

②常温で10~12時間じっくり抽出します

③まろやかで雑味のない珈琲が完成します!

※注意点

◎抽出時は常温にて。水温が低い場合は、珈琲の味が薄くなることがあります。

◎抽出後、パックを取り出した後は冷蔵庫にて保存してください。3~4日は酸化せずに美味しく飲めます。

◎入口の狭い瓶などで作ると、パックを取り出す際に袋が破れる恐れがあります。ボウルなど口が広い容器で作りましょう。


とってもかんたんに、しかも一度にたくさん作っておけるのがいいですね!
ドリップする時間がないときもこれなら手軽に作って飲めますね。


はい。前日の夜にセットしておけば、次の日の朝にできているので、朝楽しみにしてもらえたらうれしいです。

1杯分だけ温めて飲むこともできるので、肌寒い日やホットの気分のときでもOKです。


あとはどんなときにつくるのがおすすめですか?


たくさんお客さんが来るときに作っておいたり、相手の道具の有無を気にしなくて良いので、おみやげにも重宝しますよ。

あとは、山登りやお出かけのときに水筒に入れて持っていくのもおすすめです。

せっかくなので試飲をどうぞ!


苦味がなくて、豆の甘さと香ばしさが感じられてとってもおいしいです。
ドリップしたアイスコーヒーはガツンと来るので仕事の切り替えに良さそうですが、水出しコーヒーは強い苦味がないしいつでも飲めるので、仕事中など何かをしているときにも良さそうですね!


そうですね!これを飲んで、暑い夏を乗り越えましょう!

 

水出し珈琲パック/1000ml用



夏の暑い日にはゴクゴク飲めるアイスコーヒーが欲しくなりませんか?
水出し珈琲は、水でじっくり時間をかけて抽出するため、余分な苦味が出ずにまろやかで甘味のあるコーヒーになります。
まさに、ゴックゴク飲めちゃうコーヒーです!

詳細・ご購入はこちらから!

\何個か常備しておけばお好きなときに飲めます/

【送料無料!】水出し珈琲パック1000ml用/4パックセット



送料無料のお得な水出し珈琲の4パックセット。
少しお買い得な1パックあたり565円でお求めいただけます。

詳細・ご購入はこちらから!