ECブレンドってどんなブレンド?

ECブレンド。
ヤマとカワ珈琲店にはめずらしいアルファベットが名前のブレンドです。

店舗販売はせず、オンラインショップ限定のブレンドなので、まだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。

「ECブレンドってなんですか?」という質問もちらほらと受けています。

そこで今回は、ECブレンドの誕生秘話や特徴についてご紹介します。

【コーヒーに関するご質問はこちらから!】

ヤマとカワ珈琲店のLINE公式アカウントで、自宅でコーヒータイムを楽しむためのお役立ち情報を発信中です。

コーヒー豆や抽出に関する疑問点にもお答えしていますので、ぜひ友達登録をお願いします!

【登場人物のご紹介】


川下
長野県長野市に店舗がある、ヤマとカワ珈琲店の店主。2人の子をもつお父さん。


Oさん
近所に住む常連さん。コーヒー初心者だったが、ヤマとカワ店主の川下さんコーヒーについて質問しているうちにだんだんとコーヒーについてくわしくなってきた。


ECブレンドのECってどういう意味ですか?


オンラインショップで販売することを、英語で ”Electronic Commerce” 略してECっていいますよね。
実は、オンラインショップ限定でブレンドをつくりたいって思ったときに、改めてECサイトっていう言葉を目にして。

ECという響きが気に入ったのと、EがエチオピアCがコロンビアの頭文字だったので、その2種類の豆でつくるというしばりをつくるというアイディアが浮かんできました。


なるほど!「オンラインショップでの販売する」っていう意味と、エチオピアとコロンビアの2種類の豆を使っているっていうことなのですね。おもしろいですね(笑)


はい。何もイメージがない状態でブレンドをつくることって難しくて。あらかじめ何かしばりやイメージがある方がつくりやすいです。


ちなみにどんな味ですか?


深煎りなので、苦味が強いです。オンラインショップで販売している東ティモールの深煎りよりも深煎り度合いは高いので、

・深煎りが好きな方

・深煎りのブレンドを試してみたい方

におすすめしています。

せっかくなので試飲をどうぞ。


ありがとうございます。

本当ですね。しっかりと苦味がして、後味が長く続きます。
最初に苦味が来たあとに、コクや甘みが感じられますね。


はい。シーズンブレンドは春から夏にかけて、すっきりしたものをつくっているので、深煎り好きな方にはぜひ、ECブレンドを試していただきたいです。

これからの季節はアイスコーヒーをつくるときにもおすすめです。

また、ご要望があれば、お店のオリジナルブレンドもおつくりできますので、お気軽にご連絡くださいね。

\ 深煎り好きな方におすすめ /

ECブレンド 200グラム


深煎りにしたコロンビアをベースに作ったブレンドです。
コロンビアらしい濃厚なコクは残したまま、香りの強いエチオピアを適量混ぜました。

牛乳と混ぜてカフェオレにしたり、夏場はアイスコーヒーにするのにもピッタリなブレンドです。

酸味が苦手な方におすすめの珈琲です。

ご購入はこちらから!