ディカフェとふつうのコーヒーのちがいって?

眠気覚ましにはなるけれど、胃に負担がかかってしまったり
取り過ぎは良くないと時々耳にする「カフェイン」。

コーヒーには、カフェインを除去した「ディカフェ」と呼ばれるものがあります。
どうしてカフェインが取り除けるのか、ふつうのコーヒーとどうちがうのか、今回はそんな疑問におこたえします!


最近、胃が弱くなってきたせいか、夕方以降コーヒーを飲むと胃もたれしてしまって。職場から帰ってきて一息つくときにコーヒーが飲みたいときはどうしたらいいですか?


コーヒーに含まれているカフェインは胃に刺激を与えるので、カフェインが原因だと思います。カフェインを除去したディカフェはいかがですか?


なるほど。ディカフェという手があるんですね。
ディカフェってふつうのコーヒー豆とどうちがうのですか?


育てる過程はふつうの豆と一緒です。
焙煎前の生豆を業者に委託してディカフェにしてもらいます。

右が焙煎前、左が焙煎後の豆です。

ディカフェにする方法は3種類ほどあって、1つ目は「薬品」を使う方法。
これは日本では安全性の面で禁止されています。

2つ目は「二酸化炭素」を使う方法。
カフェインの除去率が99%以上ととても高いのが特徴です。
ただ、値段が高くなることがデメリットです。

そして、うちのお店で採用しているのが3つ目の「」を使う方法。
カフェインが水に溶けることを利用した方法です。
水なので安全ですし、比較的値段も抑えられるのがメリットですが、豆のおいしさも多少逃げてしまうことと除去率が97%と少しカフェインが残ってしまうことがデメリットです。


そんな方法でカフェインを取り除けるなんて驚きです!
ディカフェとふつうのコーヒーの味はどうちがいますか?


せっかくなので飲み比べしてみましょう!

カフェインには苦味やコクがあるのでカフェインを抜くとすっきりした味になってしまいます。なので、うちのお店では味の濃い豆を使って、味を濃くする焙煎の仕方をしています。


いただきます!本当だ、ディカフェってわからないくらい味が濃くて、後味もありますね。中深煎りのふつうのコーヒーと同じくらい濃い味です。
眠気覚ましに飲むコーヒー以外はディカフェでいいかも。


そうですね。刺激が少ないので、うちのお店のディカフェは「毎日たくさんコーヒーを飲んでいるな」と思っている方や、夕食以降コーヒーを飲むことをためらっている方におすすめしています。

妊婦の方や授乳中の方などカフェインが気になる方の息抜きにもなるといいですね。

ぼくもディカフェを販売するようになってから頻繁に飲むようになりました。


そうなんですね。わたしも胃に負担をかけないよう、これから夕方以降に飲むときはディカフェにしてみます!

\ カフェインが気になる方におすすめ /



カフェインは珈琲の味の中で苦みやコクを形成するのに一役買っている成分です。
ですので、カフェインカットの珈琲豆をその他の珈琲豆と同様に焙煎してしまうと、
どうもサッパリし過ぎた味に仕上がる印象があります。

そこで当店では、デカフェだけ特別なプロファイルを用いて焙煎しています。
焙煎終盤に排気を絞ることで、味の揮発をできるだけ抑える工夫をしています。
(これを他の豆でやると、味が重たくなりすぎてしまう)

デカフェでも十分にご満足いただける、濃厚なコクを味わえる珈琲豆です。

ご購入はこちらから!