大きいドリッパーで少量のコーヒーを淹れる

お客さんがたくさん来ることも考えて大きめのドリッパーを買ったけれど、1、2人分のコーヒーを淹れるとき、大きいドリッパーで少量のコーヒーを淹れるのは難しい、そんな悩みを教えてくれたOさん。

なぜ難しくなるのかというと、コーヒー豆の的が小さくなるのでお湯を注ぐときのコントロールを慎重に行わなければいけないから。

道具で解決するのならば
・ケトルではなく細く注げるポットを用意する
・小さめのドリッパーを用意する

この2つが考えられますが、今回は道具を増やさなくてもいい方法を一緒に試してみました!

【用意するもの】(1、2人分)
お好きな豆(この日は深煎りのグァテマラ)/約10g
お湯/約250cc

【1】細かめに挽いたコーヒー豆を耐熱の容器に入れます。

【2】熱々のお湯を少し注いでコーヒー豆全体を30秒ほど蒸らします。

【3】蒸らし終わったら、残りのお湯を注ぎ、3分待ちます。

【4】耐熱容器に入っていたものを、さっとドリッパーに流し入れます。(注いだあとに耐熱容器にコーヒー豆が残ってしまってもそのままで大丈夫です。)

【5】完成です。

さらに、最初に豆をしっかり蒸らしたものと蒸らさなかったものを比べてみたところ、こんなちがいがありました。

◎蒸らさなかったコーヒー
・後味が長く続かない
・コーヒーの味や香りはしっかりある
・さっぱりした味になる

◎しっかり蒸らしたコーヒー
・蒸らさないときより、香り・味ともに強くなるが、いつものコーヒーよりは少し薄めに感じる

ドリップよりも味が出にくいので、こんな工夫をすると味が出やすくなります。

①豆の挽き具合を細めにする(中〜細挽き)

②味が濃い、深入りの豆を使う

③熱々のお湯を注ぐ(沸騰したてでOK)

④蒸らす時間を長めに取る

難点は洗い物が少し増えるところ。
ただ、コーヒーにつきっきりでお湯を注がなくていいため、いつもよりコーヒーの様子を気にせずに淹れることができるのがうれしいところです。

みなさんもぜひ一度、お試しあれ!

 

\ コーヒーをもっと気軽に楽しみたい方へ /

お買い得セット!ドリップバック 10個セット



ドリップバックの特徴は何といっても「飲みたい時にすぐ飲める」手軽さです。
これからの季節は、ぜひ外珈琲を楽しんでください!


購入はこちらから!

\ 深煎りの豆ならこれ /

東ティモール オーガニック 200グラム



高地で栽培されている豆なので、しっかり深煎りしても味は失われず、
雑味のないコクがより濃厚になりました。

1度飲んだらクセになる、
店舗でもリピート率の高い商品です。

購入はこちらから!