ドリップする道具を選ぶコツ

コーヒーにはいろんな道具がありますが、まず最初に揃えたいのはドリップする道具。
ドリップする道具によって味がすこし変わります。
今回はコーヒーを抽出する部分であるドリッパーの選び方のコツについて紹介します。

今日も悩み多きOさんがやってきました。


こんにちは。
ドリップする道具を買い換えようと思うのですが、種類が豊富で、どれを選べばいいかわからなくて。どうやって選べば良いですか?


ずばりポイントは抽出するときの穴の大きさです。
コーヒーの落ちるスピードで味が変化します。


え、ドリッパーの穴の大きさに違いがあるんですか!
びっくりです。


はい。穴の小さいドリッパーは、コーヒーの落ちるスピードはゆっくりです。どんな淹れ方をしてもコーヒーの落ちるスピードは変わらないので味が安定します。なので初心者の方におすすめです。

反対に穴の大きいドリッパーは、味は安定しない代わりに、淹れ方次第でいろんな味を試すことができます。しっかり苦味を出したいときはゆっくりお湯をかけたらいいし、すっきりした味にしたいときはさっとお湯をかければいいですよ。


なるほど!じっくり抽出できる穴の小さいドリッパーは深煎りに向いていそうですね。


そうですね、逆に、浅煎りや中深煎りが好きな方は、穴の大きいドリッパーの方がいいかもしれませんね。


ステンレスフィルターはどっちに似ていますか?


ステンレスフィルターのドリッパーは穴の大きいドリッパーに似ていますよ。
ペーパーフィルターを使わないところが特徴のひとつです。


自分の好きなコーヒー豆でドリッパーの穴の大きさを選ぶといいんですね。


あとはドリッパーの素材選びもポイントです。
主に陶器、プラスチックの2種類があります。

陶器製は蒸らしている最中も冷めず、温度の変化があまりないため、効率的にコーヒーの成分が抽出できます。ただ、陶器なので割れないように注意が必要です。

プラスチック製は蒸らしている最中に温度が下がってしまうのがやや難点ですが、扱いやすい上に安価で手に入るので、飲食店でも使っているのをよく見かけますよ。


なるほど。自分の生活に合いそうな道具を選んでみます!
ありがとうございました!

\深煎り好きの方におすすめ/

東ティモール オーガニック 200グラム



高地で栽培されている豆なので、しっかり深煎りしても味は失われず、
雑味のないコクがより濃厚になりました。

1度飲んだらクセになる、
店舗でもリピート率の高い商品です。

購入はこちらから。

\中深煎り好きの方におすすめ/

ペルー オーガニック 200グラム



甘味とコクが非常に強く、余韻が長続きします。
2ハゼの直前で煎り止めしているため、酸味はかすかに感じる程度。
万人に好まれる、とても飲みやすい味を表現しました。

購入はこちらから。