きんゆうりてらしー2

11月にこのブログで自信の金融リテラシーの無さを大きな声で発表して、

狙い通り?に、お客さんにこの貯金方法いいよ!とか、これ勉強するといいよ!という情報を得ることができました。

前回のブログ → きんゆうりてらしー

 

あれから約1か月経過しましたが、けっこう色々と考えました。

まとまってない部分もありますが、今日はこれからのお金の貯め方、そして生活の見直していきたい部分を備忘録的にここに書きます。

 

 

まずは生活費の見直しから

 

これからどう暮らしていきたい?を考えた時に、どれくらい収入があって、どれくらい支出してるのかを把握する必要がある。

収入は今のところヤマとカワでの利益しかないので、把握すべきは我が家の支出だ。

 

夫婦のどちらが家計の管理をするか?というのはとても重要な問題で、うちはこれまで何となくでやってきてしまっていた。

 

数字に関することと計画的に物事を進めていくことは妻に比べて僕の方が優れている点だったので、先月頃から家計の管理は僕が担うことを宣言しました。

 

で、我が家は1か月に何にどれくらい使っているかを洗い出し、これを見直すか!と判断したのは生命保険と医療保険。

今のところ夫婦2人で月28000円くらい支払っているんですが、これを10000円以下くらいにできないかと考えている。

 

というか、そもそも保険って必要?ってことも思い始めて、今保険についての本を何冊か読んでいる。

保険はいらない!って本もあれば、保険があって助かった!って本もある。

どちらの意見も聞いてみて、自分の納得できる答えを出してみたい。

 

夫婦+3歳の男の子+0歳の女の子の4人家族で、家賃や保険や税金合わせて年間200万くらいで生活するのが目標。

 

 

子供の教育費・老後はどうする?

 

月の支出額が把握できたら、月にどれくらい余剰金が出るかが把握できる。

 

余剰金の中で、子供の将来の教育費と、(僕は自営業なので)貰える年金も少ないことから老後の生活資金を、長い目でコツコツと積み上げた方がいいかなーと考えている。

教育費(主に大学入学資金)が必要になるのが約15年後、自営業なので定年は無いから70くらいまで働いたとして老後の資金が必要なのは34年後から。

長い時間かけてコツコツと積み上げていけば、月に数万円ずつの負担で大丈夫な気がする。

貯め方に関しては、定期預金がいいのか、つみたてNISAのような投資がいいのか、イデコ?とか小規模企業共済?とか色んな選択肢の中からまだ迷い中です。

 

今の生活水準を基準に、老後だったら1か月どれくらいかを計算する。

それが分かれば具体的に70歳までにどれくらい資産があればいいのかが分かる。

どれくらいの資産が必要かが分かれば、今から月どれくらい貯めていけば間に合うかが分かってくる。

 

やっぱり「我が家の一生をどう暮らす?」プロジェクトも店の経営同様に計画性が必要だなー。

 

 

次に何に消費したいかを考える

 

収入・支出・将来への積み立て、が把握できればその残りがようやく今自由に消費できるお金という風になってくる。

うちの場合だと、車が欲しいとか、旅行いきたい、とか家建てたい、とかをここからやりくりしなければならない。

 

これについても具体的に「いつまでに」「何が欲しい」「どれくらいの値段」を把握しておく必要がある。

 

 

最後にじゃあどれくらい頑張ろう!?

 

上記に書いた項目をここまで具体的に計算してみると、自由に消費にまわせるお金ってほとんど残りませんでした笑

 

でも、「あー、自由に使えるお金ないなー」と把握できたことが大切!

 

具体的にすべてのことが把握できたなら、あとはそれらに優先順位をつけていけばいいだけなんです。

 

子供の教育費は絶対削れないな、とか
車が欲しいから今月の外食を何万円分減らそうか、とか
旅行に行きたいから仕事頑張ってあと何万円収入増やそう、とか
収入を増やすことばっかり考えてたら、家族の時間が減ってしまうし、とか。

 

何が欲しくてそれがいつまでにいくら必要か。自分の今の収入がいくらで、支出はいくらか。将来への資金はどうか。で、それらの優先度はどんなか。

この辺の具体的プランを把握していれば、「一生どう暮らそうプロジェクト」もけっこうスムーズに進むような気がする。

 

僕はせっかくの一回きりの一大プロジェクトなので、欲しいものも買いたいし、子供との時間も大切にしたいし、老後も安心して暮らしたい。

みなさんも、それぞれの一大プロジェクトを成功できるよう、計画的にプランを考えてみてはどうでしょうか。

プロジェクトが成功するかどうかは別として、把握するだけで漠然とした不安は解消されますよ。

 

 

またおすすめの家計管理方法や、貯蓄方法とかがあれば、引き続き教えてください!