息子の運動会でした

先週のブログにて息子の運動会が土曜日に開催するため臨時休業とお知らせしましたが、

雨のため運動会が日曜日に延期したため、急遽日曜日が臨時休業となりました。

ご来店いただいた方、申し訳ありませんでした。

さて今週は、その息子の運動会の話です。

息子にとって人生2回目の運動会。

スカッとした晴れではなかったですが、雨は降らずにちょうど運動しやすい気温でした。

 

6:00-

起床すると、すでに台所に立って息子の好物の鳥の唐揚げを揚げている妻がいました。

朝から揚げ物なんてスゴイことですよね。

「息子のために」という妻の後ろ姿をみて、自分の母親もこんな感じだったんだなーと早速朝からしみじみしてしまいました。

 

8:00-

自宅の出発間際のドタバタもありましたが、何とか保育園に到着。

いつもと雰囲気の違う園庭に、こっちもワクワク。

普段の送り迎えの時だけだと見かけない同クラスの親(特に父親)に会うことができるので、「〇〇ちゃんのお母さん若いね」とか「〇〇くんのお父さんアウトドア好きそうね」とか、勝手に妄想を膨らませるのも運動会の楽しみの1つです。

 

8:30-

運動会の開始です。

息子が通う保育園は『さくらさくらんぼ保育』という保育方針をもっていて、

日常の保育でも裸足でリズム体操という身体をつかった遊びを行っています。

この運動会でも、まずはリズム体操から始まります。

 

普通、運動会っていうと、プログラムがあって、『次は、年長さんのリレーです』なんてアナウンスがあって、選手入場して、、なんてのが想像されますが、

ここの保育園はそんな段取りでは進みません。

淡々とピアノだけが鳴り響いて、リズム体操が行われます。

アナウンスがあるわけじゃないので、こちらも集中して見てないと、今どのクラスが何のリズム体操をしているか把握できません。

運動会を見る、というより、日ごろの保育をそのまま見てる、って感じです。

 

11:00-

お昼ごはんです。

園庭の真ん中にシートを広げて、妻が作ったお弁当をみんなで食べます。

同じクラスの友達家族もみんなで食べて、幸せな時間。

この時だけは写真撮影OKなんです!

 

12:00-

午後の部です。

午後は親やジジババが参加する競技がメインです。

僕も友人家族に誘われて参加した騎馬戦と、リレーに参加しました。

大人になってから裸足で全力疾走することなんてないじゃないですか。

土のグランドを裸足で走る感触は懐かしいよりも痛みの方が勝っていました。

子どもの足裏の柔らかさを羨みます。

 

父親リレーではお決まりのズッコケる人も何人かいましたね。

今年は全く練習をせずにリレーに参加したので(去年はこっそり走りこんでいた)コケる姿を鮮明に想像してしまいましたが、なんとか完走できました。

 

14:00-

運動会のラストは園児全員の歌で終わりです。

 

 

 

去年の運動会でも感じましたが、この保育園の良いところは、運動会中のビデオや写真の撮影を禁止しているところです。

(ちゃんとプロのカメラマンが映像や写真は残してくれている)

携帯画面を通して子供を見るんじゃなくって、しっかりその目に焼き付けろってことですよね。

こうして禁止事項として決めてくれていると、集中して運動会を見る事ができました。

リズム体操や、その他の競技を見てて、去年よりも成長を感じたし、息子が日常どんな風に過ごしているかを垣間見ることができました。

そんな息子を見て、僕も僕に与えられた父としての役割をちゃんとしないといけないなと改めて感じさせてくれた運動会でした。