父と息子のプール通い 第二話

 

 

6月から始めた息子とのプール通いも、今のところ毎週楽しみながら通っています。

第一話はこちら

 

 

2回目のプール 浮き輪で遊ぶ

 

はじめてのプールは心の準備もなく突然に行ったのですが、

2回目からは「保育園に早くお迎え行って、その後プールに行く日」というのを約束して通うようにしています。

そうすることで、息子は朝から「今日は保育園の後プール行くんだよね!」と機嫌良く、着替えや登園もスムーズに行きます。

そして僕もこの日は仕事を早く切り上げると決めると、仕事にも集中力が上がるという効果もありました。

 

ということで、2回目のプール。

今回は浮き輪を使って水の中で遊ぶことを目標に行きました。

僕らが通っているプールでは、ビート板や子供用の浮き輪が無料で貸し出ししています。

スイカ柄の浮き輪が気に入った様子の息子。

浮き輪が浮くもの、ってことを理解できずに、浮き輪をしているにもかかわらず僕にぴたっとくっついた状態(プールの中で抱っこしている状態)で最初はプールの中を歩きます。

何周かまわっているうちに、沈まないってことを理解してきたようで、だんだんと抱っこの状態から体が離れ、向かい合わせで手をつないだ状態で歩けるようになりました(僕が後ろ向きで歩きながら息子を引っ張ってる状態)。

 

料理や洗濯や妹の世話なんかも、積極的に自分でやってみたいと言い出す彼の性格がプールでも発揮され、
終盤には自分でコースロープを持つ!と言って僕の手を離れコースロープを手で引きながら進んでいきました。

 

すごい!という褒め言葉と、彼のやる気が良い具合にマッチして、2回目は何だか急成長したように感じました。

何よりもプールを上がってゴーグルを外した時の「楽しかった~!」の一言で、プール一緒に通うと決めて良かった、、、と僕は満足したのでした。

 

 

3回目のプール 手をつないで潜る

 

2回目のプールの翌週は熱があって調子が悪く、2週間ぶりとなった3回目のプール。

ちょっと間があいたからどうかなぁと思っていましたが、何の躊躇もなく入水している様子を見ると、もう水に対しての恐怖感は全くなくなったようです。

 

さあ今日の目標は手をつないで一緒にもぐること。

毎回、息子のやる気スイッチを発動させるために今日はこれを頑張ろうと目標を設定しています。(目標クリアできたらジュースね、というジュースで釣る作戦)

 

とはいえ焦らず2週間ぶりだし前回の復習から始めるかーなんて思っていたら、

早速浮き輪を装着した状態で、コースロープから手を離して犬かきのような泳法で進み始めました。

これには僕もびっくり。

きっと隣のコースとかで泳いでいる人を見て、見よう見まねでやってみたんだと思います。

子どもの成長力には感動するとともに、どんどんできる事が増えていく様子を間近で見れたことに喜びを感じました。

やっぱりスイミングに通わさずに自分で教えると決めて良かったなぁと。

 

そんなこんなで今回も僕の予想を上回るやる気で、

手をつないで潜るという目標もあっさりクリアするのでした。

 

 

これからの息子のやる気は

 

ここまでは順調に進んでいるように感じます。

とはいえ、泳げるようになるまでにはまだまだ遠い道のり。

水には慣れたものの、ここから先は泳ぐための技術を教えなければいけないという僕の教えるセンスも必要になってくる。

 

これから先も焦らずに、息子のやる気スイッチをONにしたまま、楽しく毎週通えるといいな。

そして今年の寒くなる頃までには体が強くなって、昨年よりも風邪や喘息が出ないといいな。

 

楽しみます!

 

 

 

追伸:父にも変化が

 

息子が休憩している間にちょっとクロールで泳いでみたら、ぜんぜん泳げなくってびっくりしました。

25m泳ぐだけで息はハァハァなるし、足はつりそうになる、、。

僕も小さい頃にスイミングに通っていたから、簡単に泳げるだろうと思っていたんですがね、、。

でも全身を使った水泳の疲労感が何だかとても気持ちよかったんです!

 

ということで、父もすっかりプールにハマりそうで、息子とは別に1人でも通おうかと考え中。

趣味は水泳です、と言える日が来るのか、、?