オンラインストアはむずかしいなぁ

2019年1月15日のドリップ  

\今週の営業予定/

 

●18日(金)-21日(月) 店舗営業

 

今週もよろしくお願いします!

 

 

11日から14日までの4日間、オンラインストアで送料無料キャンペーンを実施しました。

オンラインページまでたくさんの方に訪れていただきました。

ありがとうございました。  

 

年末のブログだったかで、珈琲の焙煎も店の経営も含めて何事もトライ&エラーを繰り返してうまくなるしかないという話をしました。

今回の送料無料キャンペーンもただの思いつきでやったわけではなく、現状のオンラインストアの認知度や可能性を図るために実施しました。  

 

それでは結果と考察の報告です。  

 

うちのオンラインストアページはカラーミーショップというサービスを使って2018年の12月に新しくしました。

なので実質使い始めてまだ1か月くらいです。

当然認知度は低いので、この時点でオンラインページに訪れてくださる方っていうのはヤマとカワ珈琲店のことを知ってきてくださっている人に限定されます。
(「珈琲豆 お取り寄せ」みたいなキーワード検索で飛んでくる人はまずいない)

そんな中での今回のキャンペーンの実施だったんですが、 結果的には、先月1か月間の間にあった注文の倍くらいの量を4日間で注文していただきました。
まあ先月の注文量が少なかったということもありますが)

 

予想していた量よりも多くご注文をいただけたので、嬉しかったですね。

ただ、「売れたーやったー」で終わらせてはいけません。

オンラインストアの難しいところは、お客さんが見えないところです。

何に反応して手に取ってくれたのか、逆に何が分からなくて購入をやめたのかが見えない。

だから売れたからやったーではなくて、きちんと分析して次に繋げないとね。  

 

カラーミーショップでは訪れたお客さんの数や動向を調べることができるのですが、キャンペーン期間中の訪れたお客さんの数は約250人でした。

これは先月1か月に訪れたお客さんの約半分くらいの量でした。

お客さんの量は半分に減ったのに、注文は倍になったんだから、やっぱり「送料無料」というのはかなり効果的なのが分かった。  

 

ただ気になったのが、購入してくれた方の割合。

購入率や転換率という言い方をするそうなんですが、訪れたお客さんの中で買ってくれたお客さんがどれくらいかというのをパーセンテージで表したものです。

この4日間の購入率は約14%でした。

これって数値的にどうなんでしょうか?

僕はすごい低いなと感じました。

 

最初に述べたみたいに、始めて間もないオンラインストアに訪れてくれるようなお客さんの中で、かつ送料無料という期間にもかかわらず14%ですもんね。  

さらにここからお客さんのページ動向を分析できれば改善点が分かるのかもしれませんが、今の僕の知識ではそこまで理解できませんでした。  

 

もしこれをご覧の方の中で、「ここが分かりづらかった」「こうすれば買ったかも」というご意見があればぜひ教えていただきたいです。

 

これからも引き続きトライ&エラーで改善できるよう頑張ります。  

 

ちなみに、googleで調べたところ、オンラインストアでの購入率は平均すると1から2%程度だそうです。楽天やAmazonなんかも含めた平均なので、あまり参考にはなりませんが、、。