未来に残したい場所

2018年10月23日のドリップ

 

\今週の予定/

24日(水) 定休日
25日(木) 定休日

今週もよろしくお願いします!

 

 

先週の日曜日、しがラボというイベントへ出店するために久しぶりにkajiyaさんへ行ってきました。

どちらかといえばイベント出店は売上や宣伝効果を目的にすることが多いですが、心から出店して楽しかったと思えるイベントは久しぶりだった。

kajiyaさんとの縁で集まった素晴らしい出店者たちが作る作品はどれも刺激になるものばかりだったし、廃校を利用したイベントのコンセプトも素晴らしかった。

そして何よりも地域に住む子どもたちが笑顔で楽しんでいる様子がとても眩しく見えた。

 

 

僕の中で暮らしや仕事に対する考えがグッと変化したのは、息子が産まれた2016年頃からだ。

それまでは自分や妻のこと、つまり自分たちの世代だけのことを考えていたけれど、子どもが産まれてからは自分の次の世代のことやさらにその先のことを考えるようになった。

僕の人生の残りの時間は子どもの世代のために使いたい、なんて言うと息子に恩着せがましく感じられそうだけれど、それが自分で見つけた生きるモチベーションになっていることは確かだ。

 

そういう意味で、地域の子どもたちの笑顔が集まるkajiyaさんは、未来に残したい場所に感じた。
あんな風に子どもが子どもでいられる場所は少ないと思う。

僕もそういう場所を作りたい、という羨ましさもあってあんなに眩しく映ったのかもしれない。

しがラボに参加できてあの光景を見れてよかった。

ありがとうございました。